Tokyo2u

// restaurant#287 Al Grappolo Doro

// Tokyo2u restaurant
// restaurant#282 Terakoya
Terakoya
住所:東京都小金井市前原町3-33-32 電話番号:NA
東京の西郊、小金井に1954年の創業以来、風雅な庭園と趣向をこらしたフルコース料理のレストランとして、みなさまをおもてなししております。
// restaurant#283 Heichinrou Kichijouji
Heichinrou Kichijouji
住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町1-13-6 電話番号:NA
吉祥寺で2番目の聘珍樓です。この店のコンセプトは「個室」。プライベート感覚でお寛ぎいただけます。新古谷ビル1F〜3F。
// restaurant#284 Ristorante Primi Baci
Ristorante Primi Baci
住所:東京都武蔵野市吉祥寺南町1-21-1 電話番号:NA
都会の喧騒を離れた、東京・吉祥寺、井の頭公園を望む閑静なロケーション。本場のイタリアンを提供しています。井の頭パークサイドビル2F。
// restaurant#285 Teppanyaki Ittetsu
Teppanyaki Ittetsu
住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町2-13-7 電話番号:NA
ジュージューと熱々の鉄板の上で次々と焼かれる野菜、魚、肉。目の前で焼き上げる料理人の鮮やかな手さばき。見て楽しみ、音を楽しみ、香りを楽しむ。グランデール吉祥寺ビルB1。てっぱんやき、いってつ。鉄板焼一徹。
// restaurant#286 Misakien
Misakien
住所:東京都八王子市元横山町1-14-16 電話番号:NA
千利休ゆかりの茶室「獨楽庵」の移築復元からはじまった料亭。数奇屋建築家・仰木魯堂の高弟である藤井喜三郎氏の設計により完成された美的空間。みささえん。
// restaurant#288 Pari Yuugao Fujitubo
Pari Yuugao Fujitubo
住所:東京都中央区銀座8-8-8 電話番号:NA
アートの香りとエレガントな空間美の夢舞台。・・・それが、巴里夕顔・藤壷。銀座888ビル5F〜6F。ぱりゆうがお、ふじつぼ。
// restaurant#289 Mitsuwa Ginza
Mitsuwa Ginza
住所:東京都中央区銀座3-2-15 電話番号:NA
ボキューズドール日本代表の川端シェフが、和とフレンチをコラボレートさせた繊細で軽やかな「日本人が美味しいと感じるフレンチ」を創り上げました。ギンザ・グラッセB1F。
// restaurant#290 Ginza Miyama
Ginza Miyama
住所:東京都中央区銀座7-11-10 電話番号:NA
五島のヒノキを用いたカウンター席は鉄板を囲みながら食事することができ、B2の個室は総ヒノキ造りで、フロアー丸ごと貸切と贅沢な使い方ができる。銭形ビルB1〜B2。
// restaurant#291 Ginza Kaika
Ginza Kaika
住所:東京都中央区銀座6-8-7 電話番号:NA
銀座の歴史と共に歩んできた交詢ビル4Fに居を構えるかいか。日本情緒を漂わせる和の空間にて上質な飛び牛や厳選された素材をゆっくりとご堪能下さい。交詢ビル4F。
// restaurant#292 Ginza Aster
Ginza Aster
住所:東京都中央区銀座1-8-16 電話番号:NA
創業昭和元年。銀座一丁目に80余年の歴史を刻む銀座アスター本店。日本の四季の素材で中国名菜(名のある料理)を作って参りました。GINZA ASTER BLD。

// Al Grappolo Doro

Al Grappolo Doro
中央区 > アルグラッポロドーロ
住所:東京都中央区銀座2-4-6 電話番号:NA
イタリア中部・北部の伝統の料理を基本に日本人が食べて美味しいと思う味を旬の食材を取り入れシンプルに調理しております。銀座VELVIA館8F。
// About This Site
Copyright © 2005〜 Tokyo2u all rights reserved.|MailSitemapRSS

当日予約OKのレストラン
急なお集まりや接待など、当日の予約でもOKのレストランをご紹介いたします。

記念日レストラン
記念日におすすめのレストランです。大切な方へのプレゼントに特別なプランでご予約してみてはいかがでしょうか。

お子様と一緒に
お子様メニューや個室のあるレストラン、時間によってお子様もご一緒にお食事を楽しめるレストラン等をご紹介いたします。

大人が遊べる麻布特集
食通たちを満足させる、新鋭レストランや格式ある料亭が軒を連ね、豊かな国際色の中にも、日本の伝統と美を守り続ける麻布。